ファイリングシステムを活用する理由

企業では、オフィス内でどのような時にファイリングシステムを活用するのでしょうか?
その理由は様々だと思われますが、次のような事が挙げられるのではないかと考えられます。

それは、一つに業務の効率化を図りたいと考える場合だと思います。
オフィスやオフィスワークの無駄を排除したい場合だと考えます。
次に、オフィスの環境の改善です。しごとのしやすい環境を作る事は、仕事の効率化に繋がるので、とても重要な事と考えます。

更に、災害対策としての文書・記録の管理です。
近年、地震や災害の被害が多く見られる中、企業存続、危機管理の為、とても重要な事ではないでしょうか?
また、個人情報保護法への対応もファイリングシステムを活用する一つの理由ではないでしょうか?

企業にとって、情報のセキュリティ管理は、信頼関係にも繋がり、とても重要な事です。

そして、仕事の「見える化」、業務フローと文書管理の一体化により仕事を整理し、それにより、業務の効率化に繋がると考えるからです。

このように、ファイリングシステムを活用する理由な、企業により様々ではありますが、単なる文書整理ではなく、経営的な課題やビジョンに直結したものが多くなっているように思われます。

ファイリングシステムを活用し、より良いオフィス環境を築き、業務の効率化・向上に繋がると良いのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です