宮本武蔵の生き様を感じる旅・美作へ

歴史上の人物で、名前は有名なのに、どういう人生を送ったのか詳しい事がわかっていない人は多いです。
宮本武蔵もその一人。

江戸時代には歌舞伎や浄瑠璃の題材になるほどの人気者だったにも関わらず、生誕地や生まれた年には諸説があり、真説を求め研究する人が今も数多くいます。

歴史研究や郷土研究の専門家でなくても、「宮本武蔵が好き」という現代人は多いですね。
映画やコミック、テレビドラマなど、数多く取り上げられていますから、国民的ヒーローと言ってもいいほど知名度もあります。

最近の歴女ブームなどと相まって、新たな宮本武蔵スポットとして注目を集めているのが岡山県美作市です。
ここは、近年になって「武蔵の里」として整備され、資料館や生家跡とされる建物や、熊本から分骨された武蔵の墓などもあります。

剣豪として知られた宮本武蔵の歴史を刀で振り返る事のできる資料館も人気ですよ。

岡山県内であれば美作は十分日帰りできますが、岡山県外の方は泊まりがけで探訪するのもいいでしょう。
美作には湯原・奥津・湯郷という三つの温泉地・美作三湯があります。
名宿も多いですよ。
ちょっと贅沢に過ごすなら「季譜の里」という、温泉・お料理・客室の三拍子揃った名宿があります。
おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です