髪の毛の基礎知識と医療用かつら

育毛を考えるにあたり、根本的なことから。
そもそも、髪の毛って何でできているのでしょう?

髪の毛の主成分はタンパク質です。
肌の角質層が変化して、髪の毛になっています。

肌だと、少々の擦り傷や切り傷がついても、自然に治ります。
これは肌が生きた細胞で構成されているから可能な、
人間の修復機能なんですね。

髪の毛はどうかというと、生きた細胞ではありません。
切断面から髪がはえ治ることもありませんので、
散髪なんていうことができます。

生きていないということは、一度ダメージを受けると、
修復することが難しいということです。
育毛以前に、普段からヘアケアを心がけないと、
髪の毛のダメージは蓄積されているのです。

髪の毛は、その毛根が埋まっている頭皮から、
生成に必要な栄養分が供給されています。

その栄養が不足すると、髪の毛が正しくはえなかったり、
あるいは、抜けてしまったりするのです。
育毛のスタートは、ここにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です